米欧など6カ国とイランが2015年に結んだイラン核合意を巡り、トランプ米大統領が窮余の策に出ることになった。合意を否定して強硬姿勢を示す一方、合意にとどまれるように議会と協力する。トランプ氏が大統領選で公約にしてきた合意の破棄や修正も現実的でないことが明白になり、自身の政治的な体面を保つ妥協的な戦…

無断転載・複製を禁じます