小池百合子代表(東京都知事)が結成した希望の党で、候補者の出身によって政策に対する考え方が「小池色」と「民進色」に二分されていることが浮き彫りになった。衆院選の公示直前に民進党から多数が合流して大同団結したものの、小池氏の求める「政策の一致」は道半ばのようだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます