神戸製鋼所の製品データ改ざん問題で、経済産業省と環境省は17日、同社に対し2021年からの稼働を目指している石炭火力発電所計画の環境影響評価(アセス)書類の検証などを要請した。この問題にかかわった子会社「コベルコ科研」がアセスの調査に加わっていたことも判明。すでに兵庫県がアセス審査会合の延期を決め…

無断転載・複製を禁じます