ミャンマー西部ラカイン州から少数派イスラム教徒ロヒンギャがバングラデシュに逃れている問題で、国際人権団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」(HRW)は17日、ミャンマー政府が「治安部隊による掃討作戦を終えた」としている9月上旬以降も、66カ所の村が焼かれたことが衛星写真で確認されたと発表した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます