私の人生を変えた筋萎縮性側索硬化症(ALS)は、2012年の体調不良から始まりました。倦怠(けんたい)感が続き、体重は激減。難病専門の総合病院を受診しますが、病名特定に至らず不安だけが募りました。呼吸障害、インフルエンザからの肺炎を併発し、精密検査でALSと診断されました。14年、気管切開して人工呼吸器をつけました。自由を奪われ、徐々に手や足の筋肉が萎縮し、この病気の過酷さを知ることになります。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます