原発再稼働をめぐり、衆院選で野党から当選した人たちの中でも、反対派は立憲で多く、希望では少ないという違いが明らかになった。朝日新聞社と東京大学・谷口将紀研究室の共同調査から分析した。

無断転載・複製を禁じます