ベトナムで絶滅の危機にさらされているアジアゾウの保護に、元教師の日本人の女性が奔走している。「ゾウの暮らす森を破壊することは、人間の暮らしも脅かすことになる」。77歳の女性の訴えに、ゾウと家族のように暮らしてきた地元住民らも触発され、保護活動が進む。女性はこの秋、活動を本にまとめた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます