希望の党は27日の両院議員総会で、国会議員団を代表する共同代表を当面置かず、幹事長に大島敦・前民進党幹事長を充てることを決めた。大島氏は政調会長を兼務し、国会対策委員長には笠浩史・元民進党国対委員長代理を充てる。総会では、規約を見直したうえで11月末をめどに、共同代表選挙を行うことも決めた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます