昨年10月に88歳で死去したタイのプミポン前国王の遺骨や遺灰が29日、王宮やお寺に安置され、5日間にわたる葬儀が終わった。1年以上続いた喪がこれで明け、タイは総選挙に向けた政治の季節に入る。今後は2014年の軍事クーデターから続く政党活動の禁止が、いつ解かれるのかが一つの焦点となる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます