ロシアとトランプ米大統領との関係を巡る「ロシア疑惑」を捜査するマラー特別検察官が10月30日、5カ月の内偵を経て公表したのが、昨年の大統領選でトランプ陣営の選対本部長を務めた幹部ら3人の立件だった。なかでも陣営の元外交顧問は司法取引に応じ、ロシア側と頻繁に接触していた事実を認めており、疑惑解明につながる可能性も秘めている。ワシントン=杉山正…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます