夜「仮名手本忠臣蔵」五、六段目。仁左衛門の勘平は、浅葱(あさぎ)の紋服が似合う美丈夫という以上に、律義な性格が際立っている。舅(しゅうと)を殺して亡君の仇(あだ)討ちに加わる金を調達したと疑われ、申し開きが立たずに腹を切る。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます