神奈川県座間市のアパートで9人の遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された白石隆浩容疑者(27)が現場アパートに入居する直前の8月中旬、スマートフォンで「何人殺せば死刑」「首つり」などのキーワードで検索を繰り返していたことが警視庁への取材でわかった。のこぎりやロープを購入したのもこの時期で、警視庁は、白石容疑者がこのころから殺害や遺体の切断を考えていた可能性があるとみて、経緯を調べている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます