アジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議は11日、「正当な貿易防御措置の役割を認識する」などとした首脳宣言を採択して閉幕した。前年同様「反保護主義」の表現も入ったが、制裁措置の増加につながりかねない文言が盛り込まれ、米国への配慮があったとみられる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます