高校生たちに生命科学の魅力を伝えようと、日本学術会議が知恩院和順会館ホール(京都市東山区)でシンポジウムを開いた。府内の5校などから約60人の生徒が集まり、京都大の森和俊教授らが自身の体験などを交えて高校生らに生命現象のおもしろさなどを語った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます