被爆地・広島の爆心地近くにありながら、焼失せずに残った広島藩主・浅野家ゆかりの能面や能装束など約120点が現存していることがわかった。これらは戦後、厳島神社(広島県廿日市市)に奉納され、保管されていた。もともと所蔵していた饒津(にぎつ)神社(広島市東区)が一般展示も視野に、新たに収蔵庫を建設する計画を進めている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます