野球の日本代表「侍ジャパン」が、2020年東京五輪へ向けてスタートを切る。稲葉篤紀新監督(45)のもと、16日から「ENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ」(東京ドーム・19日まで)に出場する。若手中心のメンバーだが、公式戦の初陣を控えた新監督が思いを語った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます