パナソニックは、外国人との会話をお互いの言語に翻訳するシステム「対面ホンヤク」をホテルや飲食店など向けに発売した。観光庁の調査では、外国人観光客の悩みで最も多いのは言葉が通じないこと。同社はニーズは高いとみて、2020年までに7千台の販売をめざす。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます