東日本大震災の津波で流された写真やランドセルなど「思い出の品」を持ち主に返す岩手県陸前高田市の取り組みが予算不足で今月22日に終了する。がれきの中から見つかった写真約7万点、位牌(いはい)やランドセルなど物品約2500点が残ったままだ。返却に取り組んでいる団体は「心の復興はこれから」と事業継続のた…

無断転載・複製を禁じます