横浜市の医療施設で食物アレルギー治療の臨床研究に参加した子どもが一時心肺停止になった問題に関連し、全国でほかの子ども8人も治療や検査で一時的に重い症状が出ていたことが19日、わかった。宇都宮市で開かれた日本小児アレルギー学会で報告された。学会は医師らに、実施の際は慎重に行うことなどを改めて呼びかけた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます