犯罪や事故による被害者やその家族の支援に取り組むNPO法人「大阪被害者支援アドボカシーセンター」(大阪市天王寺区)で、約20年にわたり代表理事を務めた堀河昌子さん(77)がこの夏、代表を後任の弁護士にバトンタッチした。「誰がいつ被害者になるかわからない。皆で支え合う社会にできれば」と願い、今後も顧問として支援員の育成に力を注ぐ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます