人間にとって「食べる」行為は、生きる喜びの一つ。だが加齢や病気で、のみ込みが難しくなる人は多い。そんな中、そうした人たちにも食べやすく加工した「嚥下(えんげ)食」が、進化を続けている。のみ込みやすさだけでなく、味や香り、見た目にもこだわる。医療・介護職と料理人が共同開発したものまで登場した。「嚥下…

無断転載・複製を禁じます