柳川藩祖の立花宗茂(むねしげ)が身につけ、家臣に譲ったとされる、安土桃山時代の鎧(よろい)の袖の一部が見つかった。宗茂が家臣を大事にしたことを伝える逸話に登場してくる袖とみられるという。12月から福岡県柳川市で開かれる特別展で展示される。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます