パラスポーツの競技団体を支援する「パラリンピックサポートセンター」に掲げられた壁画は2年前に香取慎吾さん自身が絵の具で描いた。その壁画の前で、香取さんが2人のパラリンピアンと語り合った。リオデジャネイロ大会代表、陸上の高桑早生さんと、自転車の鹿沼由理恵さん。なぜ、パラスポーツに打ち込むのか。パラリンピックをきっかけに、どんな社会や自分を目指すのか。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます