所得税の見直しを検討している自民党の税制調査会は28日、非公式幹部会を開き、増税対象の線引きをめぐる本格的な検討に入った。最大の焦点である会社員の増税について、財務省は「年収800万円~900万円超」から増税にしたい考えだが、首相官邸や与党内には「年収1千万円超」を主張する声もある。来月中旬の税制…

無断転載・複製を禁じます