東大寺法華堂に近い高台にある手向山八幡宮(奈良市雑司町)の祭礼「転害会(てがいえ)」はかつて、盛大な祭りだった。50年ほど前にお渡り行列が途絶え、「御鳳輦(ごほうれん)」と呼ばれる神輿(国重要文化財)は出番を失ったが、この秋、精巧に模した神輿が完成し、お披露目された。来年の転害会でお渡りを復活させる計画だ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます