東京電力は30日、7月に福島第一原発3号機の原子炉格納容器内で実施したロボット調査の新たな画像を公表した。原子炉圧力容器内にあるチューブ状の構造物が圧力容器外に出て、破損している状況が確認された。核燃料が溶けて、圧力容器の底が大きく破損している可能性があるという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます