児童の性的搾取にあたるとして国際的に批判が強い、「JKビジネス」や児童買春。店が摘発されると、働いていた少女らは「被害者」として扱われるため、社会復帰の支援対象としては十分な光が当たってこなかった。愛知県警は今年、捜査の初期段階から少女らを支援する独自の取り組みを始めた。田中恭太、鈴木春香…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます