日中戦争中の「南京事件」について考える集会が各地で開かれている。旧日本軍による残虐行為の象徴とされるが、当事者が高齢化し、直接事件を知らない子ども世代が語り継いでいる。南京陥落から13日で80年。事件を否定する声もあるなか、関係者は記憶の継承を続ける。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます