海上保安庁は15日、日本海の排他的経済水域(EEZ)で、今年9~11月に違法操業していた北朝鮮漁船に退去警告する様子の写真と映像を公開した。現場は男鹿半島(秋田県)の西約400キロの「大和堆(やまとたい)」という漁場。漂着が相次ぐ木造船は、これらの違法操業船が遭難した可能性がある。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます