2017年は、将棋界の歴史に刻まれる数々のニュースがあった。史上最年長棋士となった加藤一二三九段(77)の奮闘の末の現役引退。羽生善治竜王(47)が成し遂げた初の「永世七冠」。そしてもう一つが、21世紀生まれの中学生棋士の快進撃だ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます