東京都調布市の市立小学校で、アレルギーがある5年生の沙清(さきよ)さん(当時11)が誤って出された給食を食べて亡くなってから、20日で5年がたった。「二度と起こらないように」との思いから、母親は教育関係者に経験を語り続け、学校現場と医師をつなぐホットラインも誕生した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます