beの連載「あるがまゝ行く」を2002年から書き続けた医師でエッセイストの日野原重明さんが昨年7月、105歳で亡くなった。連載の最後の5年間、担当編集者を務めた私は日野原さんの「自分への厳しさ」に言葉を失うことが何度もあった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます