高速道路の工事区間が近づくと、走行中の車内に超音波で警告音を伝えるシステムを西日本高速道路(ネクスコ西日本)の沖縄県にある子会社が開発した。眠気などで注意力が低下したドライバーにも車線規制を気づかせることができ、周辺住民の騒音になりにくい利点がある。1月中旬から沖縄自動車道で本格利用を始める。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます