大阪府寝屋川市の住宅内の隔離されたプレハブの部屋で柿元愛里さん(33)が衰弱死した事件で、愛里さんが閉じ込められていたとみられる小部屋がほかにも複数あることが、捜査関係者への取材でわかった。府警は監視カメラの映像などから、少なくとも2カ所を確認。これまでプレハブの部屋に入れられたとされていた2002年より前から隔離状態が始まったとみられ、学齢期から閉じ込められていた可能性もある。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます