野球のルールで、今季から敬遠(故意四球)の際に「申告すれば投球しなくてもいい」という規定が採用された。11日に開かれたプロ・アマ合同の日本野球規則委員会で決まった。守備側の監督が球審に敬遠の意向を申告すれば、投手が投球することなく打者は一塁に出塁となる。プロ、大学、社会人は今季から「申告敬遠」を適用する方針。高校野球では適用しない方針で、近く日本高校野球連盟の審判規則委員会で話し合う。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます