名古屋市で13日に指された第11回朝日杯将棋オープン戦(朝日新聞社主催)の本戦1回戦、糸谷哲郎八段(29)―八代弥(わたる)六段(23)戦は、前回優勝者の八代が制し、準々決勝に進出した。元竜王の糸谷の猛攻を見切った、八代の的確な判断力が光った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます