若い職人が故郷を離れ、世界を転々としながら各地の親方のもとで腕を磨き、経験を積む。そんなドイツの伝統的制度「遍歴職人」として海を越えてきた20代のドイツ人大工2人が、埼玉県東松山市の工務店で、日本の住宅建築を学んでいる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます