心臓や大動脈の外科手術の種類ごとの死亡率や合併症の発生率が、全国の医療機関から集まるデータを基に公表された。医療の質の向上を図るためのデータベース事業の成果で、死亡率が高い施設に技術的な助言をするプロジェクトも始まっている。施設ごとの治療成績の開示が検討課題となりそうだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます