外見上は分からなくても、体の内部の障害や難病などで援助や配慮が必要な人を知らせる「ヘルプマーク」。より普及させようと、京急電鉄は全駅の構内に周知ポスターを貼り出したほか、全列車の優先席にも順次同様のステッカーも貼っていくという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます