●川端裕人著、海部陽介監修『我々はなぜ我々だけなのか』 身長1メートルのフローレス原人をはじめ、21世紀のアジアで人類学の新発見が相次ぐ。単一起源とされる現生人類に対し、古代型人類が示す多様な特質は、大きな興奮を巻き起こしてきた。従来の人間観を塗り替える最前線を訪ね、新旧さまざまな人類が混在した可…

無断転載・複製を禁じます