原発事故後の県の県民健康調査で見つかった小児甲状腺がんは、ある一定期間、悪化が止まっている例が多いとする研究結果を、緑川早苗・県立医大准教授(内分泌内科)らのグループが発表した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます