米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設予定地の同県名護市で、反対派の現職と、安倍政権が支援する立候補予定者が争う市長選が28日に告示される。秋の県知事選の前哨戦とも位置づけられ、政権は勝利へ総力を挙げる。翁長雄志(おながたけし)県知事ら反対派も背水の陣で臨む。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます