がんになっても、将来子どもを持つ可能性を残したい。そんな患者さんの願いに応えようと、泌尿器科医の湯村寧(やすし)さん(50)は、治療前に患者さんの精子を凍結する取り組みを進めています。現状や今後の課題について伺いました。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます