藤井聡太四段(15)が中学生のうちに優勝できる最後のチャンスがある。2月17日に準決勝・決勝がある第11回朝日杯将棋オープン戦(朝日新聞社主催)だ。優勝すれば、「一般棋戦優勝」の最年少記録(15歳6カ月)を作ることになる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます