東京23区や大阪、京都など主要8都市のホテル客室数が2020年末時点で32万9700室となり、16年末から32%増えることが31日、不動産サービス大手CBREの調べでわかった。増加率は京都が57%増とトップで、大阪の42%増が続いた。東京は31%増だった。訪日外国人客の急増に対応し、開発競争が激しくなっている様子が改めて浮き彫りになった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます