将来の夢は「名人をこす」。藤井聡太五段(15)が小学4年生の時に小学校の文集に書いた言葉だ。「当時はまだ小学生だったので……。いま振り返るとすごいことを書いたなと……」。この時のことを聞かれ、藤井五段ははにかみながら振り返った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます