上半身にオイルを塗ったテカテカの肉体美で2016年リオデジャネイロ五輪開会式をわかせた男が、平昌(ピョンチャン)冬季五輪にやってきた。南太平洋の島国トンガからノルディックスキー距離に挑むピタ・タウファトファ(34)。80番目に入場すると、極寒の中、リオと同じく上半身裸で登場し、笑顔で国旗を大きく振るパフォーマンスを見せた。8日の入村式で「平昌は寒い。命が大事だ。見るまで待って」と語っていたが、肉体美を再び見せた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます