宮廷の歌人は詠んだ、花や鳥、富士の秀峰(しゅうほう)、止まらない恋心まで。兵役で故郷を去った若者は、大切な父母や娘を思い出し、嘆き悲しむ。華やかな都も陰で死の潜む争いばかり。万葉の愛と魂、時を超えスマホ世代もきっと歌い継ぐ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます