若手の登竜門として知られるローザンヌ国際バレエコンクールで、決勝に進んだ日本の2人は入賞を逃した。スイス西部ローザンヌで3日行われた決勝には、広島市中区出身の大木愛菜さん(17)と広島市佐伯区の森脇崇行さん(15)が出場した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます