米国発の株価急落が世界の金融市場を揺らしている。米経済は金融緩和による低金利で企業収益が増え、トランプ政権の経済政策もあり、株価が上がる好循環を謳歌(おうか)してきた。しかし金利上昇や賃金コスト増への懸念が急浮上。株価に急ブレーキがかかった。米経済の変調は世界全体の景気に大きな影響を与えかねない。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます